今日のパラオの海は!!
by CC-log
<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
僕はスターだ(?)
c0031057_7495287.jpg6月27日(TUE)
天候 快晴
風向 --
気温 31℃
水温 29℃

①ブルーコーナー
②ブルーホール
③マリンレイクSP

最近、ログがワイド系ばかりとお嘆きのあなたに!マクロ系によるマクロ系ログ!!

本日はクルコンオリジナルポイント「マリンレイクSP」に生息する「ホシゾラハゼ」CRYPTOCCENTRUS SP.
名前のように頭部から体側にかけてコバルト色の小点が散在します。
(このコバルト色っていうのが泣かせますね~)

ドロ地に生息するハゼになぜこんな色の小点がが必要だったのか、
しかもこのコバルト色の小点は強力なライトもしくはストロボを当てないと光ってくれないのです!!
(なぞが深まります)

共生ハゼですので、えびに穴を掘らせて暮らしているのですが、
巣穴がシルト(泥)でかすかに曇り(星空なのであえて曇るを使わせてください)
その曇りの中からゆっくりステージに上がるかのように登場!!
自分がSTARと自覚しているのか強力なストロボにも耐えてホバーリングしてくれるのです!えらい!!

しかし、この子には隠し子が!!では無くて黄化個体が存在していたのです!!
フタホシタカノハハゼの黄化個体とよく似ているのですがホッペの二つの点が無い
胴体側面にコバルト色の小点が無いなどで区別できそうです。

こうなったらパラオ黄化個体3人娘をデビューさせましょう!!
一人目はもっともメジャーで灰色個体の方の名前だったのに、いつの間にか黄化個体が有名になってしまった
ギンガハゼ!(昔はコガネハゼって別の名前で呼ばれていたのに・・・・)

二人目は灰色個体はパラオコーラルガーデン(セントカーディナル)で見かけるのにその周りに姿が全然見えず、「あの人は、今どこに」の番組で取り上げられそうなフタホシタカノハハゼ!

三人目は今回取り上げたホシゾラハゼ!!(お客さんがマリンレイクSPで撮影した個体はこっちだったのかも?)
すでにファイルからは消さたそうです(とほほほほ・・・)

デビュー目指して頑張るぞ!!(笑)
by CC-log | 2005-06-29 07:51
急浮上?!
6月27日(MON)快晴時々スコール 気温32℃ 水温30度

c0031057_10275175.jpg
ブルーコーナー
ブルーホール
シャンデリアケーブ

昨日一日降り続いた雨もすっかり上がり、今日は朝から快晴でした!

今朝の一発目はブルーコーナー。
見渡す限りボートはいません。

そう、貸切です!

流れはほぼ止まった上げ。壁右で進んでいきます。 
ギンガメアジもいい感じにドロップオフの外側で群れています。
見上げても、下を見ても上下囲まれグルグルです。
お天気もよく日の光が差し込んで、あたりはキラキラしていて
うっとりしてしまいます。

その後、ナポレオンやオオメカマス、食事に夢中のタイマイなど
いつもの面々に挨拶していきます。
そろそろ浮上。ってことはあれでしょう。
でもさっきから探しているのに姿が見えません。。。
この辺にいそうなのになぁ。
と、沖の方に見えました!かすかな影。
数はそんなに多くなさそうだけど・・・とりあえず行ってみようかな。

と思ったその瞬間!
全員で深場へ一目散に消えていってしまいました。

はぁ~。今日はバラクーダ無しか・・・。とがっかりしたその瞬間。
今度はさっきの数倍の量で深場から一気に
どどーーーーっと上がってきました!
すごい迫力。

上がってきたかと思えば、今度はトルネードしっぱなし。
こっちが離れようと思ってもついてくるんです。
田中チームも後から合流。
そこで田中さん。フロートのロープの先端に付けている
釣り用のルアーでバラクーダを挑発。
その挑発に乗った数匹のバラクーダがビクンビクン動いています。
安全停止中までバラクーダ三昧でした。


2本目はホールへ。
ちょうどエントリーのころ、コーナーは下げていたので
ホールの後そのままコーナーまで流します。
またしても最後にバラクーダの大群に遭遇。

もうお腹いっぱいです。

ゆうこ
by CC-log | 2005-06-28 10:29
僕、綺麗?
c0031057_827362.jpg
6月23日(THU)   天候 快晴   風向 ーー
①クルコン前ビーチ

最近は天候や海洋状況はものすごくいいのだけれど、お客様が少なくて・・・
本日はダイブマスター講習なんですが、生徒さんがマクロ大好き!!カメラ大好き!!
(最新ニコンD70S、105ミリマクロレンズ、イノンD2000ストロボ2灯)なので、
講習前に(潮が上がっているうちに)まずは撮影タイム!!

このオイランハゼは水深2メートル前後の砂とドロが混じりあったところに生息しているので
潮が下げてしまうと撮影できないんです!!

このようにフラッシングするのはオスのみで、威嚇や求愛のときに使われるようです。
通常、エビと一緒に暮らす共生ハゼです。

でも毎回フラッシングしてくれるとは限らないんですよ・・・・・・

今回はラッキー!
生徒さんの狙ったハゼはフラッシングしなかった・・・・
次回こそ頑張って!!!!


田中ひょん
by CC-log | 2005-06-24 08:35
強烈なバラフエダイ玉です!!
2005年6月19日  快晴のち曇り スコール 気温30℃ 水温29℃


シャークシティー
ブルーホール
ジャーマンチャネル


本日は、ゲストさんも少ないということもあり、シャークシティーへ行ってみました。
流れは下げ潮で、きれいに流れています。順調にすすんで、コーナー付近まで到着するとなんとリーフの上が惑星からの黒い物体Xで埋め尽くされているじゃ~ないですか!!


c0031057_19494490.jpg

ぐじゃ~!!

としたその正体は、「バラフエダイ」でした。その数たるや20.000個体くらいじゃないでしょうかね?! 感覚的に小学校の体育館に、バラフエダイをぎゅっとつめたくらいですかね。むむむ。


MRFによると満月になると礁斜面にものすごい数が、産卵にくるとあります。6/22が満月なので、まさに「悪いね、集まっちゃてたよ!!」な瞬間だったのでしょうね。

はしぞー

c0031057_19503633.jpg

by CC-log | 2005-06-20 19:53
ついに逃亡?
6月18日(SAT) 晴れ 気温32℃ 水温30℃

ジャーマンチャネル
ブルーコーナー
シャンデリアケーブ

c0031057_1832232.jpg
早いもので6月も後半・・。雨季に突入したかのように夜中は大雨でも、
朝になれば毎朝すっきり晴れています。おかげで日焼けには要注意です。

1本目のジャーマンチャネル。もちろん狙いはマンタです。
エントリーしてすぐ、オレンジフィンアネモネフィッシュが卵を産み付けているのを発見。
すこーしだけイソギンチャクをめくって見せてもらいます。
彼らにとってはまさに『ニモ』の気持ちなんでしょうねぇ。
ちょっとだけ!ごめんね。。と思いつついい被写体になってくれました。
しばらく経過観察が楽しみです。

その後はオオメカマスの群れに囲まれ撮影大会。
スカシの根にマンタがいないのでそのまま移動します。
見上げればグルクンやイスズミが絨毯のごとく群れています。
そこにまざってマダラタルミもいい感じ。
砂地に移動していけばギンガメアジがぐっちゃりかたまってトルネード!!
すっかりマンタのことなど忘れて魚影にうっとり。

4日くらい前までは確認できていたハナヒゲウツボの幼魚は
今日は発見できず…。ついにどこかに行ってしまったのかしら…。
でも、ヒレナガネジリンボウは臆病そうにすぐ巣穴に引っ込んでしまったけれど、
またすぐに出てきてくれました。

さーてそろそろ浮上しようっと・・・・・
あ、肝心のマンタを見てないではないか・・・・!
そう、今日はマンタはお留守でしたが、
そんなことすっかり忘れてしまうくらい熱い1本でした。
マンタはまた明日リベンジです。


2本目のコーナーはゆっくりの上げ。
コーナーのオールスターズに遭えて、気持ちのよい1本でした。

すこぶる快調なパラオの海況。
海も街中も空いていて、絶好のダイビング日和です。
急遽お休みが取れてしまったそこのあなた!
パラオ行き、決定ですよ。


ゆうこ
by CC-log | 2005-06-18 18:53
Pelilu Cut!!
6月16日 快晴 気温31℃ 水温29℃ 月齢9歳


ペリリューカット
ペリリューカット

今日は、ペリリュー島のダイブサイトへ行ってみました。
いつきても「ここ、ほんとにパラオ?!」なスーパー透明度。ボート上から-30mのリーフがしっかり見えます。

潜航ロープ&ブイもないので、ヘッドファーストで-15m集合。スキルを要求されるポイントです。その後、カットの付近まで進むやぐじゃ?!とした魚群が!!

近づいてしげしげ見てみると
テングハギ(Bluespine unicornfish)とクロハギ(Yellowfin Surgeonfish)でした。合計で700個体ほどいるようです。MRFによると成体で35cmとありますが、どうみても60cm以上あるようでした。さすが、ペリリュー・・・すごすぎです。

c0031057_2264984.jpg


その後、スーパーストロングダウンカレントにつかまってしまい-45mまで落とされながらロウニンアジ(Giant Travary)の500個体と遭遇。ペリリューすごすぎです。

c0031057_22111598.jpg

BCにフル給気してフルキックでやっと水面に上がれました。ちょっとやばかったですね。ダウンカレントにつかまると吐いた泡すら上がって行くことできず周りに停滞するため、群青色のペリリューブルーの中にクリスタルバブルが100000個ちりばめられ、それはそれは絶景なのです。

その後、ボートの上でゴンドウクジラ50頭、ハシナガイルカ50頭と遭遇。バショウカジキは跳ねるわで、ペリリューを満喫した1日でした。

あんまりにもすごい流れなので、潜水経験500本の記念にどうぞ。ご一緒しましょう。

ペリリュー凄すぎです。はしぞー
by CC-log | 2005-06-17 22:15
後町!元気か~い?
c0031057_18274250.jpg6月17日(金)
①パラオコーラルガーデン
②マリンレイク
③パラオコーラルガーデン
天候 晴れ
気温 32℃
水温 30℃
風向 (風ほぼ無し)

今日はアドバンスの講習(ゆうき)とマクロオンリーのフォトガイド(田中ひょん)
コーラルガーデンで懐かしいのはコレ!

最近リクエストが少なく、トンとご無沙汰だった「ナカモトイロワケモドキハゼ?」
最後の「?」は正式名称がまだ決まっていないのです。
発見したのは以前クルコンで働いて、今は家業の植木屋の戻った後町くん!

リクエストをもらって魚を見ていたら後町のことを思い出しちゃった・・・・

でも最近リクエストが少ないのか、ガイドロープは切れてしまって、
ほとんど手探り状態!
自分でも今日は良く行けたと思う!!

マクロは面白いね~!
リクエストお待ちしております。

田中ひょん
by CC-log | 2005-06-17 18:34
タマカイ外伝
2005年6月10日 快晴

ブルーホール
ブルーコーナー
マラカルコーラルガーデン

今日、すごいもの撮っちゃいました。タマカイです!!

2m近い体長で、10数個体のコガネシマアジを顔の周りにひっつけてゆうゆうと登場しました。
このタイマイはハタ科の生物の中でも、「タマカイ人喰い伝説」が各地にあったりと昔から話題が途切れる事のない謎めいた種なのです。

ものすごく繊細な生物で、人間の前に登場することは本当に稀で、パラオ在住のガイドでも年に1~2度というレベルです。通常は、30m先に影をみたとかいうレベルで、眼前でばっちりという事は少ないようです。


c0031057_19134524.jpg

この写真は、水深25mあたりで、5m先に悠々としているところを撮影したものです。
たまたまμ-40を持っていたので、テレ側いっぱいで撮ってみました。

anthisに105mm入れて持っていたら、いい感じだったのになぁ~。

次はいつ会えることやら。。。 はしぞー
by CC-log | 2005-06-12 19:19
遅れた早朝
しっかりとアップしたつもりが・・・・・
5日の早朝分がアップされていないなんて(ガーン)
c0031057_19435043.jpg朝から天気は絶好調!!台風4号の影響も消えて申し分の無い天気です。皆朝焼けの写真を撮りまくってました!!
テンションは上がってきました!!ブルーコーナーへ直行です。



c0031057_19473294.jpgグルグルバラクーダ

c0031057_1948962.jpg壁ギンガメアジ



早朝ですから、群れも独占し放題!!
写真だって撮り放題!寄り放題!!(群れをバラケさせては駄目ですよ)

c0031057_1952934.jpg3本目はジェリーフィッシュレイクへこんな写真もファインダーを覗かずに下から撮れば簡単です。

皆さんも是非試してみてね!!

田中ひょん
by CC-log | 2005-06-10 19:56
巨大魚現る。
6月9日(THU)晴れ 気温31℃ 水温30℃ 

シャンデリアケーブ
ブルーホール
ブルーコーナー

今日はイレギュラーに1本目を近場ポイントへ行ってきました。
シャンデリアケーブはいつもと違う時間だと
光の射す方向が違っていてとても新鮮です。

いつもよりゆっくりめに外洋に向けて出発。
2本目はブルーホール。
潮が引き気味だったので横穴から入ります。
ホールの外にも魚がいっぱい。
まずはグレイリーフ、そしてナポレオンが登場。
そろそろホールに入ろうかな…と思ったその時。
さぁ、横穴をくぐろうかな~、としたまさにその瞬間!
ホールの中からぬ~っと。
奴は突如現れました。

タマカイです。
c0031057_1911252.jpg



突然のことに驚く私たち。
『なんだこれーーーッ?!』と叫ぶゲスト。
声がはっきり聞こえました(笑)

軽く2mくらいはあるでしょう。
かなり接近です。逃げるふうでもなくかなり至近距離で
じーっくり見ることが出来ました。
鼻先には小さなコガネシマアジを10匹くらいくっつけています。

いや~、こんなに間近で見たのは初めてです。
体の太さ、大きさ、貫禄たっぷりで大興奮でした。


3本目のブルーコーナーでは、流れもなくゆったり。
クロヒラアジの大群が見られました。
でもバラクーダがどこかに遠征中でした…。
明日は帰ってきてくれてるといいのですが。

今日の目玉、タマカイの写真はゲストの大沼様からいただきました!

ゆうこ
by CC-log | 2005-06-09 19:11


以前の記事
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧